TOTAL
TODAY
YESTERDAY

東京都文京区
湯島4丁目6-11-A-109


東京メトロ千代田線
「湯島駅」1番出口から徒歩2分

「上野」→「御徒町」
JR山手線外回り 2分

「御徒町」→「湯島」
都営バス利用 約10分

ネクストデンタル ドクターズファイル
下D6Fの金ブリッジ、6番部分のレジン等の嵌め込みについて
うんにゃ さん 男性  56歳
2018-02-10 11:38:10
先頃、下D6Fのブリッジに関して、「左下D6Fブリッジ予定、抜歯した部分の構造について」質問致しましたところ、「金属代を少なくしようとすると6番の部分を削り込んでレジン等に置き換えることはある」との回答を頂きました。

ネットで金(または金銀パラジウム合金)の下D6Fブリッジの画像を探してみたところ、確かに、6番の宙に浮いているポンティックの部分には、
・全て金でできているもの
・外側(頬側)側面に白く嵌め込まれているもの
の2種類があることが分かりました。

この2種類は、金属代節約以外に何か使い分ける理由があるのでしょうか。
それぞれに良い点、悪い点があるのでしょうか。

よろしくお願い致します。
ネクスト・デンタル(文京区・湯島)の櫻井です。

>この2種類は、金属代節約以外に何か使い分ける理由があるのでしょうか。

金属だけだと重くなりますね。
敏感な方はそれを感じることもあるようです。

以前、ポンティック部をレジン前装していないブリッジを外した時に「あ、すごく軽くなった!」と言われた方がいらっしゃいました。
(お一人ですけれど)
2018-02-02 11:38:10

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 下D6Fの金ブリッジ、6番部分のレジン等の嵌め込みについて
メインカテゴリ ブリッジ <706>
専門的な質問 <591>
サブカテゴリ ブリッジ治療法 <374>
材料・機材関連 <159>
歯医者さんの探し方 <110>
抜歯(抜けた・抜く予定) <1311>
歯の異常・トラブル <1093>
歯の痛み <2105>
知覚過敏 <134>
虫歯(むし歯) <1517>
歯の根っこの病気・異常 <809>
根管治療(神経・根の治療) <2186>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <948>
歯茎(歯ぐき)の痛み <213>
歯周病(歯槽膿漏) <367>
歯列矯正(矯正歯科) <390>
歯並び(歯ならび) <306>
噛み合わせ(咬合) <320>
歯軋り(歯ぎしり) <422>
顎関節症 <126>
審美歯科・美容歯科 <223>
歯のホワイトニング <130>
口臭 <38>
親知らず(親不知) <340>
上顎洞炎(蓄膿症) <48>
小児歯科・子供の歯 <213>
妊娠〜出産〜授乳 <150>
歯磨き(プラークコントロール) <261>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <233>
アレルギー(過敏症) <92>
麻酔 <116>
薬剤 <98>
レントゲン・CT <143>
歯科恐怖症 <61>
治療費・費用 <373>
医療ミス・裁判・不信感 <976>
詰め物、インレー <823>
クラウン(差し歯・被せ物) <1401>
支台築造(歯の土台) <207>
インプラント <686>
ブリッジ <706>
部分入れ歯(部分義歯) <254>
総入れ歯(総義歯) <45>
衛生士・技工士・歯科助手 <197>
専門的な質問 <591>
歯科と全身疾患 <226>
海外 <444>
その他 <2626>
10分



TOP
アクセス
当院の特徴
お問い合わせ
スタッフ紹介
メンバーズルーム
設備紹介
文京区湯島4丁目6-11-A-109 (東京メトロ千代田線 「湯島駅」1番出口から徒歩2分)
当院は完全予約制です。受診ご希望の方は お問い合わせ からご連絡をお願いいたします
copyright©2008-  next-dental.net  All Rights Reserved